スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

滝沢歌舞伎 第二幕

今回、行く前に平将門について少しお勉強していきましたが・・・

あんまり意味なかったかな(笑)。

と、いうよりも そういう知識がなくても全然大丈夫に作られていました。
分かりやすい!
掴みやすい?
 
とにかくカッコイイ将門さまでした・・・

では ストーリーや人物の名前などは、かなりあやふやなのでナシ(笑)で
舞台の流れの感想なんかを書こうかな~って思います。

では、いきま~す!!




まず始めに 滝沢さんが作った映像。(だと思うんですけど?)

ナレーションは滝沢さん。
すごくステキなお声でございます~~~ッ

出演は、They武道の山本亮太くん。
どこかの古~いおうち?蔵?のなかを一人 何かにひきつけられるように二階へ上がっていくと・・・・
その先には 封印された太刀が。

それを持った途端・・・(ここまでが映像)←短くまとめすぎ?

将門の生きる時代へ。


「将門、死すべし!」と口々にいう人々。
ん~このかたがたは誰なのかしら?
よくわかんないけど、ここで「大悪党」であることや「帝に逆らっている」ことなどをうまく説明していました。

もう早く出てきて~~~~ってドキドキよ~。

将門さまの登場は・・・

低音ボイスの超スッテキ~な どS滝沢秀明でございます。


行平暗殺

裏切り者をバッサリ斬ってしまうんだけど、このときの

「死ね・・・!」

きゃ~~~んッ!!かっこいい~~~~~~☆
やーこもいわれた~い

あ、すみません、たぶんずっとこんな感じでいきますので お付き合いくださいませ~。

将門様のいでたちは、想像していたものとは全然違っていたんですけど、滝電で「ロックでいく」っていってたように ハード系な感じ。
人情味溢れる義経様とは全く違う、攻めな感じでめっちゃカッコイイ~~~~!!
ゆっくり歩きながら、(もちろんがに股)にらみをきかせたワルイ顔してますよ
そこがまた 最高にカッコいいんです!!

使っている音楽もエレキギターがふんだんに使われてて、全部ロック系でした。(最後以外は、ね)

舞台中央に階段があって、そこを登っていくんだけど その登る姿は 重圧で存在感がすごくあって それだけでコワイんだけど~。

裏切り者を斬った後で 山本くん扮する太郎丸が出てきて、刀の封印を解いてしまったことを正直に話します。

やーこはこの太刀がどういったものなのかは全然わかんなかったんだけど・・・
どうやら 「呪われた太刀」だそうで。

残虐な将門さまが温情を掛け、自分に従うようにいいました。

滝沢さんの影が河合くんで、ちょこちょこ絡んでいますが 最近の河合くんはどっちかといえば悪い役のほうが多かったので、なんか味方っていうのと話し方がなんとなく違和感がありました。(やーこには、ね。)


焼き討ち

帝の手下になって やらくん・五関くん・塚っちゃんが罪のない人々を斬っています。
大悪党・将門を斬ってやろうと思っている半三(やらくん)。
五関くん・塚っちゃんがすごくうまくなってた!!


豊田郷の三郎と吾郎

ここ・・・覚えてはいるんだけど、うまく説明できません・・・ゴメンナサイ。

このあとまた誰か斬ったんだけど 誰だったかな~?
帝の身内だったかな?それはもっと前だったかな?(もうほんと記憶ない・・・

口々に将門が残虐なことを責めると 振り返って一言。

「黙れ・・・!」

きゃ~~~~~!!もうヤバイヤバイ!!めっちゃかっこいいんですけど、この方~。
この「黙れ」はさっきの「死ね」と同じように ゆっくりにらみをきかせながらいうんですよ~。

やーこ的には、今回いちばんの 「DVDになったら何度もリピするに違いない場面」No.1です(笑)。


暗殺者、そして七人の影武者

さっきの半三がまた出てきます。
悪党にも上には上がいて 将門にはかなわない、っていうような流れだったかな?
やらくん(半三)が将門を斬ったんだけど実はそれは影だったと。




悪霊と陰陽師

ここ、よくわかんなかった~(笑)。
ってか 覚えてないの。
カラス?が出てきたのは覚えてるんだけど~・・・。

トッツーがやってたのが将門の後見人で、優しく見守ってくれた人なのかな?
でも、けっきょくは帝の命令で 将門討伐の責任者?になってしまい、将門に自分の首をとらせることにして死んでいきます。
陰陽師は、たぶん安部清明のことだよね?時代的に。

自分を可愛がってくれた人の首を斬ることになった将門の「・・・御免!!」は深かった~。


あ~なんかストーリーがこんがらがって全然まとめられない~

なので ちょっと飛ばして(笑)滝沢さんと河合くんのアドリブシーンにいこうかな~。


捨十(ッて書くのかな?)がやってきて

「この国を手に入れるまで、あと一歩!いや、半歩。あ、たんぽぽ」っていいました(笑)。
なんかめちゃハマって笑っちゃった~。
夜公演では「UFO!」だったので噴き出して笑ってしまって 鼻水でました、すみません。

ロックな音楽が流れて、スクリーンの上手のほうに将門様の影が映っています。
それを見て跪く捨十。

「こっちだ馬鹿野郎」
って下手から 将門さま登場。

そしてもう一回「こっちだ馬鹿野郎」って。
イャ~~~~~ッッめっちゃカッコイイ~ッ!!
どS~!!
ステキな声~

以下、ちょっと会話を覚えてる限り・・・。
言い回しは違うと思いますがご了承くださいね。

河合くん「すいません、ちっちゃくて見えませんでした
滝沢さん「テメェも小っちぇよ!」
河合くん「オレ小さくないですよ~」
滝沢さん「ちいせぇよ!」
河合くん「小さくないですよ!」
滝沢さん「いくつだ?身長」
河合くん「17・・・3!」
滝沢さん「嘘つくな!!」←即行突っ込み!

ここはたぶん昼夜同じような感じでした。

昼は・・・。
滝沢さんにも身長を訊いていて、いくつっていったかな~?175?
確か2人とも、うそつきだってことでまとまりました。
違ったらごめんなさい。

ここで、ステージ最端に腰掛けますが、やーこたちはお昼は目の前だったので、もうドキドキしてしまって・・・。
お友だちとずっと手を握り合っていました(笑)。
結局最後までそのままでした~。あはは・・・

爪が伸びているやつを探せ!ということで、河合くんが最前列のお客さんのところへ行きます。
このとき、センターにいくのにわざわざ前じゃなく、横の階段からまわって行ったので
滝沢さんから、「なんで遠回りしたんだ?」といわれてました。
河合くん「そのほうが目立つかなと思って」(だったかな?こんなニュアンスのこと)
滝沢さん「お前はなぁ~・・・ホントに前に出すぎなんだよ!もう少し控えろ!!」
河合くん「控えたらボクじゃない・・・」
滝沢さん「もう一回!もう一回ここから!!」
ここで本当にもう一回やり直しました(笑)。しかも「調べろ!」から。
で、今度はちゃんと回らずに行った?河合くん。ちょっとそこは見えなかった~。
滝沢さん「長い!!!さっさといけ!もう行くとこ決まってんだろ?」

そういって行ったさきは男の子のところ。
カバン持ってて、「このバッグにナニが入ってるんだ?」って訊いたらゲームが入ってました。
大きさからいって DSかな?
ほかにはなに入ってるんだ?ときくとその子は全部出そうとしたので、
「あ、もういいぞ~」って笑ってました。
それまではどSなにらみをきかせた滝沢さんでしたが、優しい滝沢さんの表情になってました。
そのあと 桟敷席にいったんだっけな~?
おいしいお団子屋さんに誘って 「そこは電気がひとつしかないんですよ~『ヒカリひとつ』ですね」
っていったら「ホントにいちいち前に出るな~・・・」って。

夜は・・・。
滝沢さんが話してるときに「将門さま!」と呼んで言葉を遮る河合くんに
なんだ?」とにらみ(ここはお昼も同じ)
「そんな怒んないでくださいよ~」といいながらも
「でも目は優しいんだよな~」っていったら下向いてクスッと笑ってました。

アドリブコーナーは楽しいですよね~、本当に。
どSなアドリブは特に楽しい!!

半三  復讐の刃に倒れる

ここで4Dフライング。
これね、ホントすごいですよ!!
やーこ感動しました。

殺陣のスピードにもかなり驚きましたけど。
あ、殺陣はね、ジュニアのみんなの腕がかなり上がってるんですよ。
だから滝沢さんのレベルに近づいてるというか、ちょっと上にいけるっていう感じなのかな~?
すごい速さ、そして驚くのがひとつの殺陣の流れが長い!
この殺陣をやってるときって呼吸止めてるって言ってたでしょ?
かなり長い間、しかもなんども呼吸止めてますよね。
4Dフライングは圧巻です!!
すごいとしか言いようがないですね。
あの~ RPGを見てるかのような感覚?
よくあの体勢を保ちながら殺陣が出来るなって感心します。
ん~ もうとにかくすごいですよ!!
そしてカッコイイです!
度肝を抜かれます。
なんども観たいですね~これは。
でもかなり体力を消耗して筋肉を使う技です。
だからこそあの、今まで見たことないような素晴らしい筋肉になってるんだと思います。
どうしてここまで出来るんだろうって シミジミ思いました。

将門さまは途中で影と入れ替わってるんだけど、どこで変わったかは分かんなかったけど
転がったとき、ン?滝沢さんの動きとちょっと違う?って思ってたの。
そしたら 起き上がったら 河合くんでした。
捨十を助けに来る将門さまはまたステキなんですよね~・・・。うっとり。

最後、将門さまも斬られます。
そのとき、ひざを付いて顔は下を向いてるんですけど、すっごい汗でした。
滝沢さんの顔から、大粒の汗がボタボタと止まることなく汗が落ち続けていました・・・。

エンディング、将門さまの最期。
太郎丸の手にかかって死のうとする将門さま。
自らの命を使って 太郎丸に自分の想いを伝え、新しい国を作って欲しいと夢を託しました。

ここで 幼い将門の声が。
・・・これ、人選ミスじゃなくて?
この子が、っていうんじゃなくて、革命のヒデアキの子どものころと同じなんだもん・・・。
別の子にしたほうがいいよ~、絶対。
ここでお革命が蘇ってくるのはちょっと違うような・・・。(ごめんね)

将門のテーマ 「My Dream~永遠~」
すっごい量の雪がドカッと降ってきました~。
想像していたのとは少し違いましたが、とても優しい曲でした。
滝沢さんの声によく合った曲。

全然覚えられなかったけど 「もし~ もし~」っていうのは覚えてます。
でもやっぱり「REVENGER」とともにぜひCD化をお願いしたいと思います(笑)。

最後に「皆様に支えられ・・・・」っていう滝沢さんのご挨拶(声のみ)があるのですが、
ここでやーこが嬉しかったのは、「一緒に優しさやぬくもりを分かち合うことが出来ればこんなに嬉しいことはない」というようなことをおっしゃっていて、すごく感動しました。

「WITH LOVE」はもういうことないし・・・
最後の人文字は 優しい気持ちになれました。


すみません・・・なんかホントよく覚えてなくて・・・

お昼は滝沢さんのお顔だけを観てたから よけいまわりも流れもわかんないし、お昼公演が終わった時点で『ヤバイ・・・お裾分けムリかも・・・』って思いました(笑)。

特に第2幕のほうは申し訳ないくらいアドリブのところしか覚えてなくて、パンフ見ても、ん???って感じでもう滝沢さんに申し訳なかったです。

こどもの日の特別公演はもうちょっと頑張れたらいいなぁ~・・・。


ここまで読んでくださってありがとうございました。
あちこち間違ってたらごめんない・・・。
なんかもういっこ書きたかったことがあったんだけど忘れてしまいまして・・・。
また思い出したら追記しますね。
あ、ちょこちょこ(かなり)変換ミスで間違ってた漢字はこっそり直しました(笑)。
まだあったら教えてください。



やーこの感想としては・・・

感動しました、の一言に尽きます。
滝沢さんの手がける舞台、初演出っていうのはもちろんですけど 今回観劇させていただいて改めて滝沢さんのスケールの大きさを感じました。
そして才能も。
パンフを読むとまたいろいろ思うんですけど、ジュニアの子に関してのお話はさすがだな、というか、ちゃんとした考えがあって(当たり前だけど)配役などを決めていて、それが、それでもその子が自分をいかせる所で使おうとかっていう見通しをもった采配であること。
そしてなによりいちばん嬉しいなと思ったのは 地方でも出来るようにという想いがあってのこの演出だったということ。
滝沢さんは本当にファンの皆さんの気持ちをよくわかっていてくださると思います。
東京に行けない・困難な方もたくさんいらっしゃるし、やーこも出来れば近くのほうがありがたいって思います。
そういうみんなの気持ちをよくわかってくれている。
自分がいっぱい努力して、よりよい舞台にしようとする姿を今回改めて感じました。

革命と重なった準備期間、本当に大変だったと思います。
時間のない中、よくこれだけのものが創れたと 本当に感心しました。
ご自分のお稽古の時間はすごく少なかったのに、できあがってきたものは 素晴らしい作品。

滝沢秀明という人は 本当に大きな、素晴らしい人だなと思いました。
これからもずっとついて行きます。

音楽もすごくカッコよくて 初めは『和』の世界にロックテイスト?と観劇するまでは思っていたんですけど、それが、歌舞伎のシーンでも殺陣のシーンでもずごくマッチして違和感は全く感じませんでした。
歌舞伎の蜘蛛?のところなんかは、今までの女らしい動きから一転して スピード感あって男らしくて、本当にステキでした。

オペラカーテンが吸い込まれていくところなどの一つひとつの演出が、ものすごく効果的に出来ていて 滝沢さんのファンだからというわけだけじゃなくても 感動すると思いました。
ホント全ての演出に感動でした。

もうこれは絶対DVD化していただかなくては・・・。

あ、お怪我のほうは、やっぱりパッと見は分かりませんけど、目尻近くに1センチくらいの保護テープを確認しました。
公演中はきっと ずっと保護されるんじゃないかな~と思いましたけど どうなんでしょうね。
治りが早いと 滝電で言ってらっしゃったようなので分かりませんが・・・。



グッズに関しても少々・・・。

はじめにこのポスターを見たとき、『花の慶次』みたいって書いたの、覚えてらっしゃいますか?
やっぱりそのニュアンスで間違っていなかったんです。
パンフレットに、『歌舞伎』とは『傾く(かぶく)』者、つまり傾き者と呼ばれていた人たちのことからきた言葉だっていうことが書いてあって、これ同じことを読んで知っていたんです。
だから このパンフの説明を読んだときに「あ!やっぱり~!」って思って嬉しかったです~。
「花の慶次」(注・マンガです)は、前田慶次というかなりの傾き者であったといわれていた人物です。
今回のパンフ・ポスターの衣装はまさにそんな感じでした。
南蛮から取り寄せた生地で作られた着物、みたいな、ね。
ん、なんかスッキリしたの。勝手に(笑)。

バッグなどの柄はHTで書かれていて可愛い~。
ちょっと小さめサイズだけど 遣い勝手はよさそう・・・かな。
(やーこはただいまTAKIレンジャーバッグを愛用中。)

しおり・・・本読むとき使おうかな~・・・なくしそうだからしまっておこうかな~(笑)。
お箸 ・・・高い(笑)!!
ノート・・・しまっときます。
お写真・・・ステキですけど・・・多すぎて~。
      しかもステージフォト、欲しいのばかりじゃないからやっぱりバラ売り希望!!
アルバム・・・ステフォいれます!
ポスター・・・文句なし!!めっちゃカッコイイ!!この衣装着て舞台に出てきて欲しかった~。
パンフレット・・・大変ステキでございます・・・。




そして・・・

今回偶然にも観劇日が同じで たくさんのお友だちにお会いできたこともすごく嬉しかったです。
普段はなかなか会えないので、こんなチャンス滅多にない~とばかりにバタバタしてしまって ちゃんとしたご挨拶も出来ず 申し訳なかったな~と思っています。
ゆっくり滝話したかったな・・・。

でもそれはまた今度・・・。
滝沢さんが輝き続けてくださる限り、チャンスはいくらでもありますよね?

さて、と。なかなか現実に戻れませんが・・・滝沢さんを見習って全てのことに全力で向かっていこうと思います。

では 長くなりましたが、この辺で・・・。
おやすみなさい。

line

comment

管理者にだけ表示を許可する

すんばらしい~

レポお疲れちゃん e-68
大変お世話になりました~v-290

今までの義経のイメージが強くて 正直どうなるのかな?
と思っていたけど 将門も めちゃ素敵だったね~~~v-343
台詞もいつもより低音で これまたしびれる~~
4Dフライングも すっごく面白くて口あけて見てたわ~v-411

最後の死んでゆく場面も 滝沢さんの優しい声と雪で 
悲しいだけじゃない どこか救われたような気持ちになれたね~
滝沢さんの演出 素晴らしかった~~~v-10
観劇できて幸せだね~~~
特別公演も楽しんできてね~v-392

こんばんわ


素敵なレポ、ありがとう。
お仕事で疲れてるのに、こんなに書けて、凄い!
読んでて、感動しちゃったのは、
やーこさんが、叫んでるとこ、
私も同じ気持だったから、嬉しくなっちゃいました。

私は、初めて演舞城を見た時、
義経様の低音に、やられてしまったのに、
将門様は、さらに上を行く低音ですね。
ステキすぎ。

私思ったのです、
あの低音で、目覚まし時計を作ってくれないか!と。
そしたら、それ聞く為に、
目覚ましが鳴る前に、起きると思うんだけど。

話がそれてきたので、この辺で。

sumisumiさんへ。

こちらこそお世話になりました~。
久々に会えて嬉しかったよ~v-411
そして一緒に観劇(感激)できて、これまた嬉しかったよ~v-343
本当にありがとうねv-421

そうだよね~。
義経さまじゃなくなるなんて・・・とか思ったし、どんなんになっちゃうんだろうって思ってたけど、めちゃめちゃステキでv-9
ドSな滝沢さんは特に好きだし~(笑)。

ね~ 4Dフライング、すっごくおもしろかったね!!
すごく不思議な感覚なんだけど、感動だった~。
だからあの筋肉~v-91っていうのもうなずけるね!

最後のシーン、そうだ~~~~!
その表現、すごくピッタリ!!
夢を託すみたいな感じ?

ホント素晴らしい舞台で、観劇できたことを幸せに思いますv-343

うん。お裾分けできるように頑張りますッ!!

楓さんへ。

つたないレポを読んでいただいてありがとうございます~。
なかなかお仕事モードに切り替えられなくて・・・思い出してばかりいますe-348

そうですね~
あの低音ボイス、とってもステキ!!
どうか耳元でお願いしますって感じで(笑)。

あら~萌えポイント同じだったんですね~v-411
ステキなお席で観たときは、心臓がバクバクしちゃって 滝沢さんのみをガン見してたので、全体のことは全く分かってなかったんですけど、2階席ではちょっと落ち着いて全体を観ることが出来ました[絵文字:v-432

わぁ~ その目覚まし時計、私も欲しいです~!!
ぜひ作っていただきたいです!!
どんな状況でも起きられそう~v-9
楓さんから滝沢さんに頼んでいただけません(笑)?

ありがと~~う

やーこさんの細かいレポ素晴らしい

そう~ 将門様の「黙れ」はたまりません ちょっと振り返って 少し下向きな視線で…髪がお顔に かかっていて…かっちょいい~~
そこは何度見ても 思わず 「ムフッ」と言ってしまう~~
「馬鹿野郎」なんて…滝沢さん 普段絶対言わないだろう から何だか気持よさそうに言ってる 気がする
ダンス 「REVENGER」 歌いながら、横向きで足をチョン と後ろに蹴る 所…(わかんないか) そこが凄く好き 可愛くて
私の細か過ぎる萌えポイントでした


そして…月曜日(夜の部)の滝沢さん
お席は前の方でもやはりセンターはいいですね~ めちゃめちゃ良くお顔が見えました

白塗り中、外人さんに教える日本語「今夜は直搾りで…」でしたが…もっと色々言おうと思ってか「直搾りはスーパーうまい…」みたいなでもあとは噛んでぐでんぐでんになってしまい 首を傾げてました~ それを又外人さんが真似しながら帰って行って オモロかった

将門様の河合くんとのアドリブも 前と違って「あっ…こっちでしたか将門ちゃん」とか言われてまして、「馴れ馴れしいぞ」と叱られてました。
ツメ…は お客さんの中に何だか凄い方を見つけたみたいで…将門様、立ち上がって見に行ってました~ そして 河合くんと戻って来ながら「かわいいなぁ」…と…何がかわいいの~ ツメ お子ちゃまがいた 私には全然わかりませんでした
そうそう…レッドカーペットの匂い その時 思いっきり息吸ってクンクンしたけどダメでした やっぱしもうちょい前じゃないとね
でも…将門様がすぐ前に座っている時、正面じゃなく、少し斜め前に目を移したら…えぇ~~こちらを見てるぅ 目が合ってるよね~~(まぁ…そう思わせて)幸せな時間でした

昨夜は遅かったですが直搾りは飲みましたよ~ だって

み~たんさんへ。

ううん~なんかぜんぜん覚えてなくって、順番ぐっちゃぐちゃだったの~
パンフみて、あれ?そーだっけ?って感じだった利して(笑)。
滝沢さんしか見てないから 流れがつかめてないのかなぁ~・・・。

ね~~~~~ッv-411
あの『黙れ』はたまりませんよね~v-9v-9
そうそう、振り向きざまの一言・・・
きゃ~~~~ッもっと言って~e-349 ←破壊e-268

「REVENGER」 歌いながら、横向きで足をチョン と後ろに蹴る 所
・・・ってごめんなさい、わかりません~e-330
顔しか観てなかった・・・ワケじゃないはずなんだけど~。
次回はちゃんと観てきますね月曜日の滝沢さんの様子、教えていただいてありがとうございました!
「馴れ馴れしいぞ」なんて~ 言われたい(笑)。
いいなぁいいなぁ~フミキュンいいなぁ~。
もう代わって欲しい~!!

直搾りネタ、おもしろいですね~。
エロス滝沢全開な感じですかねe-349

きょうもいちにち、滝沢さんに逢いたい気持ちでいっぱいでした・・・。
お裾分けありがとうございました。

すいません(-.-;)

昨夜…だって…で終わってましたね
だって 滝沢さんが「今夜は直搾りで…」と言ったので…とか 書きたかったんでしょう
ここ最近 寝不足で……
今日もあったかくて仕事中から眠くて(仕事しろ~ )外遊びでも…大縄跳びをぼ~~っと (みんなごめんね)回してあげてたら…「先生~何 ニヤニヤしてるぅ~」だって~ えぇ~ 眠いんじゃなくてにやけてるんか


それから、Furayukiさん 以前のコメントで共感いただきありがとうございました…今頃 ですが
今回 一緒に行ったお友達が屋良クンのこても誉めてましたよ

蘇ってきた!

詳しいレポ、ありがとさんです~

ワタクシ、ほんとに観に行ったのか??
と言うくらい記憶がなくなっていたので感謝!感謝です(笑)

やっぱり、舞台は全体を観ないと流れが掴めませんね~
将門っちロックオン!じゃいかんわな~(汗)


歌舞伎もグレードアップしててよかったよね~
ぽんは櫓のお七の滝沢さんが、めっちゃ色っぺ~~~
と毎回、男目線で惚れてしまいそうになります(〃▽〃)

滝姫からの土蜘蛛は、これまた大好きな演目になりましたね~
あのロックな感じ素敵すぎたよね~

隈取りの滝沢さんが登場した時、、、
プロレスラーに見えたのはアタシだけか(笑)
でも、それもスキ~(←結局なんでもいいんかぃ!)

将門っちはかっこいぃに決まってる!!

ん~~~っ
早く、また観たいぃぃ

今度はちゃんと目に耳に頭に!焼き付けてこよ(笑)

こんにちわ。
素敵なレポ、ありがとうございました~!

火曜日、観てきました・・・
今度は、少し冷静に・・・
観れば、観るほど素敵な舞台ですよねv-238ホクホクです。

目に焼き付けて忘れないようにと・・・忘れたくなぁ~い!!グスンv-356

やーこさんは、TAKIレンジャー観れるんですよね~
また、聞かせて下さいね~想像がつかないです・・・笑・・・歌舞伎?=TAKIレンジャー?
滝沢クンの事だから・・・きっと楽しいんだろうなv-49

やらっちの様子もありがとうございました。
(ごめんね・・・私なんかの話を気にかけてもらっちゃって・・・ホントアリガトウ!)

私もいつか、皆様とお会いしたいです(^^)


み~たんさんへ
ありがとうございます(^^)
気にかけていただけて、ほんとうれしいです!

浸ってました~~~♪

やーちゃん、渾身のレポお疲れちゃんです~v-290
帰ってきてから、毎日読ませてもらってたよ~v-291
そして、一行一行うんうん♪そうそう♪ってうなずいてたよe-343

どこもここも見所で、「滝沢秀明、ここにありv-352」の凝縮版だったよね~v-363
4Dの演出すごかったよね~!!!
ハイスピードの殺陣はもちろんのこと、バックの映像に合わせて、ちゃんと動けてるのが凄いv-405
ほんと、真上から見ている感覚そのものだったもんね~v-424

あと・・・幼い将門の声のところ
鋭いやーちゃんに一票v-433
私もその場で、あれ~~って思ったよ。。。e-441
でも、この声を採用するにはきっと意味があるんだよね~~
ん~~~、どうしてかな~~~e-351
『なんだ、わからないのかバカヤロー』e-350e-266
きゃぁ~~コワイ!将門様に叱られるぅ~~~e-330

あ~そうそう、やーちゃんに素晴らしいお席からの眺めを聞いたら、
「それがね~、(タッキーが)視界に全部入りきらないのぉ~e-266
お顔見てたら足元が見えず、体見てたらお顔が見えなくて~~~e-266
幸せいっぱいのやーちゃんの言葉が忘れられないわ~v-411

それとお礼まで遅くなってしまって、ごめんなさいm(_ _)m
わざわざ私にまで、ありがとちゃんでした~e-428
懐かしい~~~v-264

ポスターの衣装!!!

何何、そのマンガ~~~v-411

いや、マジ、あのお衣装を舞台で見たかったv-406

国籍不明、性別不明みたいな美しさe-350e-328

今回、なぜか、やーこさんと話たのは暗闇の寒い中、固定資産税のことぐらいやっけ~~~v-408

また、ちゃんといっぱい話そうね~~i-176

み~たんさんへ。

あはは~ 気付いてなかった~。
~なんだって、みたいにとららえてました(笑)。

ん~きっとニヤニヤ・・・いぇ、滝沢さんを思い浮かべてニコニコしてらっしゃるんでしょうね~。
み~たんさん、すっごく可愛らしい笑顔なんですもの~。
子どもたちから見ても幸せそうに見えたんじゃないかしらv-411

やーこも~v-393寝ても寝ても足りない・・・。
疲れがドッと出て、体調崩しました(笑)。
情けな~v-406

ぽんさんへ。

いゃ、もうパンフさまさまですけど~。
同じ同じ!ロックオンですがな~v-9
パンフ見てやっと・・・だよ、ホントに(笑)。
早くDVDにしておくれ~~~v-421

うんうん、歌舞伎、ちょーキレイだったねv-343
さっきまでのあの筋肉ニクニクのお方と同じ方だとはv-405
もう毎日でも観たい!!
歌舞伎なのにロックな感じ、めっちゃよかったぁ~v-343
やーこも大好きでございます~。

あはは~プロレスラーね!
なるほど~ 確かに(笑)。
こりゃ~秀明さん、2倍楽しかったかも?

早く5月になれ~~~~~v-411

Furayukiさんへ。

レポになってましたか~?
こんなわかりにくーい文章ですみません・・・。
長いのに読んでいただいて、ありがとうございます!!

Furayukiさんのいわれた『ラブシーンからプロレスラーに・・・』って
観ていて あ~こういうことね!!って分かりました!
なんかすごくスッキリした(笑)。

火曜日もステキな滝沢さん&屋良くんを堪能できましたか?
忘れたくないけど記憶が薄れていく現実と闘ってるやーこ(笑)。

あ、屋良くんってほんとにダンスがすばらしいですね~。
やーこ、TVでしか観たことなかったけど、すごく色気のあるダンスをされる方なんだな~って感じました。
あの目が誘ってる~~~~~ッみたいな(笑)。
あはは・・・すみません。・

そうですね~。
Furayukiさんにもいつかお逢いできたら やーこも嬉しいです。
今回はなんだかみなさん同じ日に観劇だったので、ほんの少しずつでも逢えたんですけど
もっとゆっくりとお話できたらよかったな~・・・。
Furayukiさんも機会があったら、ぜひv-411

ハイ、TAKIレンジャーに逢えるはず、です~。
頑張って覚えてきますね!!
自信ないけど~(笑)。

なるなるさんへ。

いゃ~ん もうなんかごめんね~v-402
こんな拙いレポで申し訳ないんですけど~~~~v-393
思った以上に忘れてた(笑)。
人さまのレポ読んで、「あぁ~ そうだ!!で、この日はこんな感じだったわ~」みたいな感じなのよねv-355
間違ってたとこなかったかなぁ~?

4D、ホント素晴らしかった~!!!
めっちゃ楽しかったよね。
滝沢さんってほーんとすごいお人だわ~。

あ、やっぱりなるなるさんもそう思った??
アレはちょっとね~(笑)。
ん~そうか、そうよね、でも意味があるのよね、きっと・・・。
・・・で?どんな意味?
わかんなーいッ!!
教えて!TAKIレンジャー!!

あは~v-402おバカなこといっちゃってたね~、やーこってば。
でもなんかホントにいっぱいいっぱいで~。
正直な感想でした。
夜は遠かったから、冷静に舞台全体を・・・。
といいつつも 双眼鏡も愛用してましたッ!

お礼なんてやめて~。
また今度ゆっくりお話したいね。

ゆりこさんへ。

あ~知らない~?
『花の慶次』って。
北斗の拳描いた人の作品だったと思うけど、前田利家とか、こないだまで大河でやってた直江兼継(字あってる?)とか出てくるよ。
あ、マニアックですまみせん・・・。
もう古本屋に売っちゃったから手元にないから説明しにくいわ(笑)。
マンガ文庫になってるから、古本屋とかで探してみて~。(そこまではいいか・・・)

あのポスターのお衣装で殺陣やってくれたら もぉ~~~~~キュン死だわv-9

あはッほんとだね~。
あまりに時間なくてバタバタと・・・。
確かに~!!!固定資産税とか車検とか、そんなはなししかしてないわ(笑)。
もっとゆっくりお話したかったね~。

あ!!
ゆりこさんの第一声は覚えてるよ。

「やーちゃん、思ったほど肥えてないなぁ~楽しみにしてたのに」ってv-403
どこまで想像してたん???
ま、絶食は出来ませんでしたけど(笑)。

次回の・・・・・革命までには 頑張ろうかな~(目標、遠ッ!!)。
line
☆プロフィール☆

やーこ

Author:やーこ
滝沢秀明さま Love
かなり溺愛中☆

滝沢さんを語るには まだまだな私ですが 日々 滝沢的精神を目標に頑張ってます。

滝沢さんより ちょっと?お姉さんです。

尊敬するヒト・・・滝沢さん

line
☆感謝☆
遊びに来てくださって ありがとうございます!                      いつも温かい拍手・コメントをいただき 感謝してます。とっても嬉しいです♪    これからも滝沢さん大好きな方々と一緒に 楽しく滝話できたら幸せです・・・。                                        時々(いつも?)おバカなこと書いちゃってますが 温かい目で見てやってくださいませ。                      やーこの日常にも ときにはお付き合いくださいね☆
line
☆ご注意☆
日常のお話や滝沢さん関係の個人的な感想を気ままに綴っています。 勝手ながら そのことをご理解いただいたうえでのコメントをお待ちしています。
line
★HIDEAKI TAKIZAWA★
1982年03月29日生まれ
line
最近の記事
line
リンク
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
Pika_Mouse
powered by
3ET
line
最近のコメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。