スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

滝沢革命

ただいま。


うぅ~~~~・・・帰りたくなかったよぉ~~~~


あ、みなさんにご心配いただいた体調ですが、ゲンキンなもんで、帝劇についたらすっかり忘れてました(笑)。

新幹線に乗ってるときは 視界がはっきりしないし気持ちわる~・・・でかなりやばかったんですけど、滝沢さんに逢えるっていうのと、寒かったから 冷たい空気がよかったのかな?
ショータイムが心配だったんですけど 全然大丈夫でした(笑)。
すみません。

ネタバレは最後にしまして・・・。

イナカモンの母娘が緊張した瞬間。

昼と夜の公演の間に、地下のマックに行こうと思ってウロウロしてたら、楽屋口があるので中高生のギャルたちがいっぱいいまして、完全に場違いな母娘でした
楽屋口を通り過ぎ、マックに行く少し前で、キャップをかぶったはっしーと(ほかにもいたけどよく見てないからわかんない)すれ違い、最近はっしーがお気に入りのちびこはびっくり!!
お店に入る前に、やっぱりお手洗いに行こうと戻ると、女子トイレの前にはっしーが座り込んでマックフルーリーを食べてました
どうやら、トイレ前のローソンにいるジュニアくんを待っていたようで、はっしーの前を通らないとトイレに入れないので目の前を通ると、こんなところに小さい子ども(小2)がいることが不思議なのか じ~・・・っとちびこを目で追っていて 見られたちびこはなぜか緊張して(笑)、うつむいて通り時々チラ見してました。
感想は・・・目が合ってドキドキしたぁ~そうです。

あと、夜のショータイムでは タキツバの曲を振り付けバッチリで踊る子どもが珍しかったのか ステージ向かって花道左端にいたジュニアの子が、ずっと娘に笑いかけてくれていて、娘も嬉しくて笑い返してまして、それを見たやーこが彼を見ると こんなワタクシにも笑いかけてくれました。

・・・・で、あなたは誰??
ごめんなさい~~~ ジュニアの子はあまりよく知らないんだもの~。
誰か教えてくださ~い(笑)。



それでは 覚えているうちに・・・。
ネタバレですが 記憶違いだったらごめんなさい。


オープニング
「キ・セ・キ」を歌いながら客席に接近してくるキラッキラな滝沢さん。
オーラがすごくってね、ラメ降ってるなぁーって また思いました。
ちなみに 履いていた靴のつま先にはキラキラなスパンコールみたいなのが何粒かついてました

客席の上に下向きに降りてきて、お客さんにダーッとタッチしてました。
羨ましすぎでしょー、コレは。
あと2メートル後ろでお願いしたかった・・・。
ジャケットの端を持って 「いやんッ」 みたいに隠してました。

ステージに戻って 革命の旗をバッと広げてキリッとした表情。
カッコよすぎ~~~~~~ッ

革命テント(勝手に命名)に雨が降ってきても濡れないのが、はじめてみたときは感動~!だったんだけど、(夜部は前のほうの端っこだったので)横から見てたら ジャケットの後ろのほうはやっぱりちょっと濡れてました。

愛・革命
下がってファーのロングジャケットを脱いで・・・。
水の演出、曲とすごくあってて素敵です。
風邪を引いてると小耳にはさんでたので心配だったんですけど、やっぱり昼の部は声に伸びがなくて短い間隔でブレスしてて、つらそうでした。
夜の部ではそんなこともなく 声がでてたから、ちょっと回復?
よかったぁ~

けっこう叫ぶセリフが多いから、喉も嗄れちゃうよね・・・。

はつうた
法被みたいなのになって可愛く踊ります。
お正月には「♪あけーましてお~め~で~とぉ~」だったのが「♪もうーすぐは~る~が~くる~」になってました。
このときに中国の神話に出てきそうな動物?龍みたいなのがでてきて、それに乗ってきゃわいい~~~
ワンワンッってポーズがまた可愛くって~
夜の部はふみきゅんが被ってしまって見えなかった・・・

マスク。
ここね~、初めのうち 滝沢さんけっこう奥にいるんですよね。
だから 夜の部はぜんぜん見えなかった・・・。
ステージから降りてきて 1列目のお客さんを見つめてました。
ここでじっくり見てたら、面は布製なんですね。
滝沢さんの息遣いがなんだか激しそうでした。
ステージに戻る前、お客さんに手を差し出し、お客さんが握手しようとしたら引っ込めて戻っていきました。
じっくり見てても やっぱりぜんぜんわかんない(笑)。


二人の夜(和バージョン)
このアレンジ、ワタクシ大好きです!三味線の音が前奏によく合ってて
三味線の子もかわいい~。(空き時間に地下のコンビニに居たよ)
激しい歌い方も大好き~~ダンスも大好き~~全部好き~~~~

階段を上がっていくとき、裾を踏まないように 赤いブカブカのパンツをキュって持って駆け上がっていくんだけど、そのとき見えましたぁ~~~~~~

・・・・黒いスパッツが(笑)。
江頭さんのよーな滝沢さんを想像しました
なんか今回足元にけっこう目がいって、靴見ちゃってたんだけど(笑) このときは赤いショートブーツみたいなの はいてた~

最後に奈落に下がっていくときの 手が…
その手にも気迫が~

はぁ~…ステキ


森の中の海賊
王子なスタイルで 仲間に指示をだすヒデアキ。
ヒデアキ、叫ぶ叫ぶ
「♪げっとおーばーーーっ」って歌ってるときの力強さ。

姫がさらわれたあとの切なげな ♪ONE NIGHT
最高~~~~~ッ
WITH LOVE に続いての名曲です
もう あの歌声がよくって~ ウットリ・・・・
どうしてそんなに素敵なんですか?だれか教えてください(笑)。

切なく歌いながら、船は森を出ます。
この映像、感動しました。バックだけでなく、前でも森を抜けていく様子がリアルですごいですよね。

海に抜けたら鯨が暴れてて、大将軍の配下の者たちが狂ったように叫んでいます。
・・・・・ふみきゅん、めっちゃ怖いんですけどー
上手なんですねぇ、きっと。
2部は近かったのでホントに怖かった~。

ヒデアキが鯨に刺さっていたモリを抜いてあげたので、荒波はおさまり、お礼に竜宮城へ。

ここね~きゃわいいんです~~~~ッ

ニ 「ご予約いただきました滝沢様。ワタクシ支配人のニシキゴイです。アッしまった!ニシキゴイは海   の魚じゃないんだった!んも~ばかばか!」ってニッキがひたすらしゃべってます。
二 「ところで滝沢様、今、表から来ましたか?裏から来ましたか?」
ヒ 「お、表から・・・。」
二 「あ~やっぱり裏は閉まってましたか~・・・うら、しまったろう、なんて(笑)」
ヒ 「・・・・・・」
ニ 「それにしても滝沢様、水の中なのによく息が続きますよね~。さすが息の長いタレント!」
    ここで拍手が起こりました。
ニ 「さ、さ。談話室が用意してございます。談話室・滝沢」
   
っと、ここでヒデアキは はけました。
なんとなくやりきったような、ほっとしたような表情で消えていくヒデアキでした(笑)。


ジュニアくんたちがかっこよく踊ったあとに、ヒデアキとニシキゴイ(←失礼)が踊るんですけど コレ、ステップがかっこいいです。
この前に後ろでワインを飲む小芝居をしていますが、これ、2日にいったときはやってなかったような・・・?
あと、記憶違いかもしれませんけど、昼の部ではテーブルマジックはなく、夜の部にはありました。

ジュニアくんのダンスやニッキのジャグリンパフォーマンスのあいだに ヒデアキはピンクのひらひらの衣装になって出てきます
黄色いはっしーと青いとっつーも一緒に 「♪ミラクルワールド」
これね~、振りがすごく可愛いんです!!
かいぐりかいぐりしながら、ちょっとオシリ振ってたりして 
もう~なに?この26歳男子!ッて感じなの~。
15歳のはっしーにもぜんぜん負けない可愛さです!!
曲が終わると 水遊び(笑)。
まず、ヒデアキが見本で水をくぐり 続いてとっつー。
このとき、2日のときは「とっつー」って呼んでたのに、今日は「ショウタ」でした。
「橋本」も「リョウスケ」でした。


ウォーターピクチャーで、水のない部分を作り、そこを抜けていく。
ヒデアキはさすがのタイミング。
とっつーはちょーっと遅め?な感じ。
はっしーは抜けられる柄が小さくて・・・。

は 「こんなの無理ですよ~これ、どこいったらいいんですか?」
ヒ  「ご自由にどうぞ~

案の定、お約束でびしょ濡れ。
夜の部なんて なんだかやけくそのような気がしたけど、楽しそうでした。
最後にはヒデアキ・とっつー・はっしーで連なって 水を行ったりきたりしました。
クシャクシャ笑顔のヒデアキでめっちゃ可愛いです

支配人のニシキゴイがきたところへ タイスケ登場。
タ 「ヒデアキ!大将軍の使いのものがきて、光る竹林に来い!と」
ヒ 「なんだって?」
ニ 「光る竹林?光るチク・・・光るチク・・・」と手は胸でちっちゃく丸を作ってまして。
同時になんだかタイスケも それに便乗して同じ仕草をしたような・・・?
ヒデアキは・・・毎日のことだからか(笑)コレといって微笑む以外の反応せず。

昼の部
ニ 「光るチク・・・あ~もう!土日は子どもが大勢いるからやっちゃダメだってのに~」
夜の部
ニ 「光るチク・・・どうなってんだ?どうやって?豆電球ついてんのか?」
ここでヒデアキはこらえきれず、プハーッっと噴出し、青春の小箱で顔を隠してました。


光る竹林
竹林での戦い。
はっしーはふみきゅんに斬られます。
このふみきゅん、また怖いのよ~。気迫じゃなくて、狂気に満ちていて。

とりあえず姫は連れて逃げ、月へいく馬車に乗せたけど、結局つかまった、んだっけ??
ここでちょっと記憶とんでます。

海賊たちの戦い
ここでタイスケが裏切り者だとわかったんだっけ・・・もっと前だっけ・・・?
ヒデアキ軍の仲間すべてと長老が斬られてしまい、絶望するヒデアキ。
何もかも失ったヒデアキは 開けてはいけない青春の小箱を開けてしまい、秀じいになってしまいました。
ここで急にじいの声になる滝沢さん。
・・・声色すごいのよね。

休憩
ここではお手洗いが込み合います。
やーこはお友達に教えていただいて、一度劇場をでて地下街へ行き、地下2階のお手洗いへ。
めっちゃ空き空きでした。

けっこう時間あったので、ハーゲンダッツアイス食べてたり、サンドイッチ食べてたりしてました。


2幕

地球やニュートン、細胞についての説明がニッキからあり、秀じいが2階から吊られて降りてきました。

廃墟と化した場所には ヒデアキが生まれたベンチがあり、懐かしむヒデアキ。
咲いてる?落ちてる花を拾って エイッってやったら、上から花がいっぱい落ちてきて、
ヒ 「私の力で花が咲いた・・・私は花咲じじいじゃ・・・」 と。

ベンチの下に隠してあった、お母さんからの手紙を読みます。
ちびっこヒデアキが可愛くて~滝沢さんらしくノースリーブ(笑)。
チビッコになり秀じいが消えるときはベンチの後ろにピョ~ンと飛んだ秀じい。
斜めから観てると、普通は見えないとこが見えていいかも(笑)。

細胞を集めるときに、ちびっこヒデアキの肩からも獲ったのでちびっこヒデアキが訊きます。
ちびヒデ 「なんで?」
秀じい  「知らん・・・」
ちびヒデ 「何でホタルなのに赤いの?」
秀じい  「いろいろあるのじゃ・・・」(昼)
      「大人の事情じゃ・・・」(夜)

このとき 「赤いホタルさん」ってホタルをさん付けしてる秀じいが愛しいです。

骸骨発見。
(コレ、お正月にはなかったような・・・?まったく記憶にないんですけど。)
骸骨を抱え、ステージの前のほうへ。
「・・・どちら様ですか?」昼夜同じでした。

手のにおい、頭のにおいを嗅いで・・・
「翼ぁぁぁ~~~~~!!えらいこっちゃ・・・お前は私の作品に出るときは、いつも死んでいるなぁ~・・・えらいこっちゃ・・・」

手のにおいを嗅いで・・・
「嵐のにおいがする」
頭のにおいを嗅いで・・・
「マツジュン!!!」
「こんな姿になって・・・最後にひとつだけ訊きたい事があったのに・・・チェキソウソウの意味を訊きたかったのにー・・・どういう意味なんじゃ!気になるなあ~・・・モヤモヤするなぁ~・・・」
(けっこうしつこく言ってました笑)

ここで ピアノバラード♪愛・革命
本当に弾いてるのかどうかはわかりませんが、指の動きはあってるような気がします。でも、ペダルなしであんな滑らかに音が繋がることはない様にも思います。ん~どっちかな??

ヒデアキの「いちばんかわいかったころ」の映像が流れまして、中にはホームビデオで撮影されたと思われる小さいころのもありました。

現代に戻ります。
♪バランス  ♪Taste me
めっちゃめちゃかっこいいんですけど~!!
この2曲、すごく好きなのでとっても嬉しかったです。

ここでジュニアだったかな~?
とっつーと塚っちゃんが逆さまで たいへんそうだな~と。

父さん登場~。
ここではタバコをふかす、秀じいが!!!
じいではありますけど、表情がもぉ~~~~~っ!!!
ちょっと目を細めて煙をフーッって吐き出すヒデアキ、
うきゃぁ~ッかっちょえ~~~~~~

父さんと秀じいでのデュエットのあと、思い残すことはないかのように倒れる秀じい。
愛する姫に、自分と同じ思いを味わわせたくないから 妹だということは言わないでやってくれといって息を引き取ります。(あれ?そうだよね??)
でも姫は全て知っていて、革命家ヒデアキの血を残すためにタイスケの子を身ごもったと。
そして何もかも知っていた姫は自分の命をヒデアキに与え、自分は老いて死んでいく。
そのときのヒデアキはすっかり若者に戻っていて
「♪最後にもう一度 抱きしめていいかい? 夜明けが近いよ サヨナラを言わせて・・・」と悲しげに歌うのですが、天国へきてはいけないからと止められ、死んでいった仲間たちが姫を連れて行きました。

・・・でー、ヒデアキはさいごどうなんだったかな~(笑)。
肝心なところは 記憶にございません・・・。

最後のエピで、フライングしながら水をくぐったあとで ステージに戻るとき、塚っちゃんがとめるんですが、お昼の部は大丈夫だったけど、夜の部は勢いがあったのかタイミングが合わなかったのか?
塚っちゃんが受け止めきれずに、滝沢さんが止まれず・・・
滝沢さんを必死に止めようとして、塚っちゃんはステージから客席に落ちてしまって ビックリしました。
滝沢さんは ふみきゅんと、とっつーかごっちがとめまして、塚っちゃんは慌ててステージに戻ってきましたけど、滝沢さんの表情がなんともいえず・・・。
心配だったんでしょうね、塚っちゃんもお客さんも。
 
落ちたときは、そんなに勢いがあったわけじゃないので ケガはなかったと思います。

最後に幕が下りるとき、滝沢さんは「どうもすみませんでした・・・」といって苦笑い?してました。
あとから思ってみたら、塚っちゃんはお昼、初めのうち出てないんですよ。(夜は初めから出てたけど)

通路上でアクロバットっていうか、2人ずつリングを使ってくるくる回るやつ、ふみきゅんひとりだったんですよ。もしかして手首とか怪我してるんじゃないかな~と 心配になりました。

残りわずかな公演回数ですけど、チーム滝沢のみなさんが怪我なく、無事に千秋楽を迎えられたらいいなと願っています。


あ!!ショータイムって曲変更したりするんでしょうか・・・?
お正月に行ったときは 絶対に「♪ダメ」があったんですよね~。
それがなくなってて、たぶんだけど、「♪ONEDAY~」が増えたような・・・。
違ってたらごめんなさい・・。

えびきすのみんなと顔を見合わせながら歌う滝沢さんが とても可愛かったです。
ただ、失礼ですけど、翼くんパートも滝沢さんが歌ったら嬉しいのにな~なんて思いました。
ごめんなさいッ

今回改めて思ったこと。
 
歌う滝沢さんも演者の滝沢さんも大好きですけど、やーこは激しく踊る滝沢さん大好きです~~~~ッ


以上。感想兼ネタバレでした。
長々とここまで読んでくださった方、ありがとうございました




line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おかえり~

レポお疲れちゃんv-290
未だ頭の中は滝革モードの私だけどレポ読んでるとまた 
どっぷりあの素敵な世界に戻れて嬉しかったよ~v-10
私も激しく踊る滝沢さん好き好き~~v-343
でも江頭さんをつい思い出しちゃって~(スパッツを見たのねんククク)v-407
いよいよあと残りわずかだ~ 
無事千秋楽が迎えられるようにいのるばかりだねv-22
そしてゆっくり休んでまた元気な姿見せて欲しいね~v-238

No title

もう 凄い~~
ありがとう~
忘れてたあのシーン このシーン蘇ったよぉ~
そうそう うん そうだったね~~
私も あの力強いダンス 男らしいダンス大好き!!
舞台の時は よりいっそう動きも堂々としてて カッコイイよね~v-345

あの塚ちゃんが止めるシーン ず~とあるんだね
私が観劇した時もあったんだけど
結構危ない感じだったから・・・
その時も滝沢さん 幕が下りる前に「どうもすいません」って言ってたぁ
滝沢さんも塚ちゃんもお客さんも何ともなかったなら 良かったv-410

Jr.君との時間もいい想い出になったね~
チビコちゃんのその時の様子 想像しちゃった
かわいい~~~~v-398

お裾分けありがとう~~
今日も 頭の中はヒデアキで満ち溢れています~~~~v-9

鍵付きコメントをくださったMさま

Mさま はじめまして v-343

コメントありがとうございました。
こんな、思ってることを書いてるだけの拙いブログを いつも覗いてくださってるなんてとても嬉しいです~ v-411
どうもありがとうございますッv-363

Mさまも24日に行かれたんですか~???
そして地下にも???
うわぁ~どこかですれ違ってたかもしれないですね~ e-328
私たちはマックにいったんですけど・・・会ってないですよねぇ(笑)。
お会いしたかったですー 残念!!

ね~ 地下に親子連れは、けっこう場違いでしたよね(笑)。
だから はっしーも じーっと見たんじゃないかと思うんですけど・・・。

♪ONE NIGHTはホントに素敵な曲でしたね。
滝沢さんの声にとってもよくあっていて、○キュンですよね e-266
わたしもぜひぜひCD化を希望します!

舞台ありきの曲だから 滝沢さんとしてはCD化していただけないとは思いますが、今までの舞台のもですが、サントラ盤とか出していただきたいものです。
♪WITH LOVEの前例もありますから、リク、頑張ってみたいですよね~。
しつこくやってみます(笑)!!

また遊びに来てくださいね~。
こんなお調子モンのやってるブログなので お気軽に~~~ e-348
お待ちしていま~す。

sumisumiちゃんへ

sumisumiちゃん ただいま~んe-348

も~はやく書かなきゃ、頭の中から消えそうで~(笑) 
ダラダラ書いてしまったわ。

はぁ~~~・・・v-355ずっとヒデアキの世界にいたかった・・・v-406
昔の映像とか観てても、激しく踊る滝沢さんがかっこよくて~v-343
今回の革命は いろんなダンスを観られて幸せだったよねぇ~e-349
激しいのも 優しく甘~いのも コミカルなのも、み~んな大好き!!

あぁ~ん どうしよぉ・・・社会復帰ができない(笑)。
あんなに待ち望んでた演舞城DVDがもうすぐ発売なんだけど、今となったら先に革命DVDがほしい!だって~ ずっとあの空間にいたいんだもん(笑)。

いよいよ明日でラスト!
チーム滝沢のみなさんが最後まで無事にやり遂げられますように!
祈ろうね~e-266

やよひでちゃんへ

ダラダラ~と長くてごめんねぇ~・・・v-411
とりあえず はやくまとめないとアルツが~v-356
・・・わかるでしょー(笑)?

しばらくはヒデアキの世界に閉じこもってて出てこられない・・・。
カラダだけが帰ってきたから~e-348 もちろん心は帝劇にお泊りしちゃってるからね~v-343

も~ ちびこってば笑えるでしょ~?
あとからパンフレット見て、この子かな~?っていったんだけど、どうも二人の意見が食い違うのよね~(笑)。
そのうちにどんな顔だったか、記憶が薄れてきちゃったりして。
やっぱりアルツがね~・・・(笑)。

はやく語り合いたいよね~~~e-266
頭の中のヒデアキが妙にリアルで きゃぁ~~~~~~んッ!!

寝ても覚めてもとは このことなんだね、きっと(笑)。
line
☆プロフィール☆

やーこ

Author:やーこ
滝沢秀明さま Love
かなり溺愛中☆

滝沢さんを語るには まだまだな私ですが 日々 滝沢的精神を目標に頑張ってます。

滝沢さんより ちょっと?お姉さんです。

尊敬するヒト・・・滝沢さん

line
☆感謝☆
遊びに来てくださって ありがとうございます!                      いつも温かい拍手・コメントをいただき 感謝してます。とっても嬉しいです♪    これからも滝沢さん大好きな方々と一緒に 楽しく滝話できたら幸せです・・・。                                        時々(いつも?)おバカなこと書いちゃってますが 温かい目で見てやってくださいませ。                      やーこの日常にも ときにはお付き合いくださいね☆
line
☆ご注意☆
日常のお話や滝沢さん関係の個人的な感想を気ままに綴っています。 勝手ながら そのことをご理解いただいたうえでのコメントをお待ちしています。
line
★HIDEAKI TAKIZAWA★
1982年03月29日生まれ
line
最近の記事
line
リンク
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
Pika_Mouse
powered by
3ET
line
最近のコメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。